Foursquare と Waze の連携方法

2018年10月現在

foursquare アプリで公式に対応したようです。ユニバーサルリンクが適切でないので、一発で Waze に飛ばず、safari を経由する形にはなるものの、shortcuts なしで 、Waze に位置情報を渡せるようになった。めでたしめでたし。

Foursqure - 位置情報共有サービス

まず、foursqure について軽く説明。Yelp 知ってる人は、ほとんど同じ機能を持ったプラットフォームだと思ってもらえばいい。

日本だとレストランに特化したぐるなびみたいなサイトあるけど、あれのジャンスレスバージョンとかいうか、ユーザー側でスポットと登録してチェックインとかできて、ユーザー情報をあつめて10段階で、そのスポットが評価される仕組み。

知らない場所とかいったときに、近くのレストランやショッピングモールを知るのに、とっても便利なアプリで、特に海外で力を発揮する。

Waze - カーナビ

Waze は、日本では全くポピュラーじゃないけど、カーナビのSNSプラットフォームで、ユーザー情報をかき集めて、渋滞や警察の取締りなんかをナビゲートしてくれる。

滞在中のマレーシアでは、タクシーの運転手なんかも使ってるので、情報が超新鮮で、検索した時点での最短ルートを素晴らしい精度で提示してくれる。ルートから外れたときのリルート検索もすこぶる早い。

と前置きが長くなったが、こんな便利な2つのアプリの連携が悪いのだ。Andoroid はどうか知らんけど、iOSでは最悪で、ルート検索に Google Maps は出てくるのに、Waze は出てこないのだ。

Workflow - スマホ操作自動化アプリ

Workflow は、iOS12 で アップル公式アプリの Shortcuts としてリリースされました。従来のショートカットは、そのまま引き継げてる感じです。

ショートカット

ショートカット

  • Apple
  • 仕事効率化
  • 無料

なので、Workflow を使った連携について記す。

Workflow って何?って方は、とりあえず App Store から Workflow をインストールしてください。

Shortcuts をインストールしたら、次のリンク先を開いて、Get Workflow で、アプリへレシピを保存します。

Navigate With Waze

これで、エクステンションから呼び出せるようになります。

操作画面を録画してみました。 


ScreenRecording 08 12 2018 14 04 26